読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生米プロジェクト

会社退職→結婚→夫は日本に置いてイギリスでゲル生活→現在プラハ

デンマーク教育にみる、全体包含手法

小難しいタイトルになりましたが、最初「共存」としてみたのですが、書いているうちに、これはどちらかというと「包含」だなと思いました。貧富、性別、身体能力、出自、職業。あらゆる人々が様々な観点でマイノリティや弱者となる可能性がありますが、これに対するこの国の取り組みも、また面白いところです。

職業的ヒエラルキーをなくせ

f:id:hikapoo:20170506214416j:plain

私が今の学校に着いてすぐ、ここには何人先生がいますか?という質問をしたときのこと。その答えは、「先生?教科を教えるという意味なら、13人くらいだけど、私たちは教師だけでなく、キッチン・掃除・補修といったあらゆるスタッフ40人全員で生徒の教育に当たっている。キッチンスタッフが料理の授業を担当したり、生徒は1年のうち1週間授業を休んでキッチンの仕事をすることになっていて、その間はキッチンスタッフの指示を仰ぐ。清掃スタッフが寮の生活指導にあたることもある。みんなで生徒に関わるチームだから」でした。とはいえ、どうしても清掃・キッチン業務はヒエラルキーの下にあるという生徒の目もあるのは事実ですが、ヨーロッパ的なアカデミック>職人という序列を可能な限り無くしたいという姿勢が伝わってきます。

 

皆が同じ空間で勉強するには

先日小2クラスを見学したときのこと。私は窓際に座らせてもらい、授業を見学させてもらっていました。机はコの字型配置でしたが、ふと後ろを見ると、謎の席!少年が出窓にハマっている!!!

f:id:hikapoo:20170506214709j:plain

よくよく教室を見渡すと、窓際の少年を含む4人の席はポツリポツリと離れていました。(先生の真ん前、教育の端、ついたての向こう...)

f:id:hikapoo:20170506214810j:plain
この子たちは、診断こそないものの、学校生活上サポートが必要、とされると思われる子たちだそうで、親への相談の上このような席にいます。集中できない、他の子に高圧的な態度をとる、といったような子たちです。とはいえずっとここに固定というわけではなく、まだ小さいので、適宜席は変更し、生徒にとっての最適環境を見つけるそうです。

 

 

あらゆる生徒の受け入れは、システムにより成立する

ところで、どの学校を訪れても感じるのは、大小問題はありつつも皆落ち着いて平和だということです。Efterskoleのような私立学校ではドラッグ、いじめ等は退学対象になるそうですが、例えばアメリカの学校で聞くような、問題を起こしたら即退学!という風でもないようです。

f:id:hikapoo:20170506214742j:plain

私が訪問した地元の0~9年生学校のすぐ隣には、養護学校が附設されていました。しかし、学校側はできる限りあらゆる生徒に家の近くの地元の公立学校に通ってもらうよう努力するそうです。素晴らしい取り組みですが、これはデンマーク人の気質や文化が優れているとか、実は単にそう美しい話だけでもありません。

通常デンマークの義務教育では皆家の近くの公立学校に進学しますが、その場合政府から学校に対し年間60,000DKK/人(100万円)の予算が与えられます。しかし、そこから学校の都合で生徒を他の学校に転学させる場合、転出先の学校に300,000DKK/人(500万円)を支払わなければなりません。これは普通学校のすぐ隣に附設されている養護学校に行かせる場合も同様で、この場合学校としては、1人の転出で生徒5人分の予算を失うことになります。Efterskoleなどを除き公教育がメインのデンマークでは、裕福だったり教育熱心な家庭の生徒もいるため、単に問題のある生徒を放置するわけにもいかず、なるべく良い形で全生徒に通ってもらえるように知恵を絞らなくてはならないのです。

f:id:hikapoo:20170506233244j:plain

難民を社会に受け入れる工夫

また、ヨーロッパと言えば難民問題も取り上げられていますが、こちらでは難民認定されると、特に地方に居住区指定されますが、子どもたちの教育については、その地域の中でも近隣の指定教育機関に集められます。そこでは難民だけのクラスがあり、まずその中でデンマーク語を会得させ、遊びから始まり徐々にデンマーク人との生活に馴染ませるとのことです。各言語で授業をしてあげるのか?と聞くとそうではなく、子どもはそのうち覚えるから、とのこと。難民同士のつながりを持たせ、小さな環境で地元住民と関わり、社会に溶け込んでもらうのです。

f:id:hikapoo:20170506220024j:plain

 

生き物は異物に対して不寛容なもの

とはいえ、デンマーク国民党(Dansk Folkeparti)という超排他的主張を持つ政治団体も一定の支持を得るデンマークデンマーク国民党 - Wikipedia

私が聞いたところでは、「あなたはデンマークを愛していますか?イエス?それならあなたも支持者です」といったわかりやすいフレーズで若者の指示も獲得しようとし、お年寄りには、移民は社会福祉を脅かす存在として必要以上に恐怖を煽っているだけなのよ、とのことでした。

www.humanityinaction.org

こうした政治政党の存在は、高福祉国家的な社会的取り組みと表裏一体なのかもしれません。

ハイテク!デンマーク式教育

授業はパソコン必須

デンマークの学校に来て驚いたのが、教育へのIT導入度です。さすが北欧教育。期待を裏切りません。

こちらでは7年生(中1相当)から、生徒は学習にパソコンを使います。大学のように、教室にパソコンを持ち込み、メモに作文は手書きなんてほとんどなく、調べ物はGoogle

f:id:hikapoo:20170505024907j:plain

これを聞いて、みんながみんなパソコンを持ってるとは限らないんじゃないの…?と思ったのですが、学校がまとめて購入するので1台あたりの費用が安価となるため、パソコンを購入する余裕のない家庭には学校から貸与も可能なので大丈夫とのこと。とはいえほとんどの生徒が自分のものを使用しているそうです。低学年の教室にも、電子黒板はあります。

教科書も宿題もオンラインで

f:id:hikapoo:20170505024232j:plain

各学校にはそれぞれイントラのWEBページがあり、宿題もここで確認&提出。保護者連絡もここ。7年生以上は教科書もない科目ばかりで、代わりにオンラインサイトやWEB記事で学習したりします。社会科WEBサイトの一例↓

www.clioonline.dk

PTAコミュニケーションもオンラインで

保育園見学をした施設では、子を預ける親は、Check-in/outを登園時に記録していました。退園時には当日の昼寝時間や食事状況も確認できます。

学校のイベントや時間割などは、校内の電子掲示板に表示されます。

f:id:hikapoo:20170505024157j:plain

 

体育のテストもスマホ&パソコン大活躍

体育の授業でも、今日はテストの準備の日だからつまらないかも、と言われて見たものは、スマホやPC片手に集まる生徒たち。試験内容は、あるテーマについてグループでダンスや球技で表現をするもので、生徒はYouTubeで動画検索などをしながら、どんな内容にするか話し合っていました。50m走やハンドボール投げのような、身体能力測定試験は4年ほど前にやめたそうです。

f:id:hikapoo:20170505025712j:plain

特に着替える意味も体育館でやる意味もないかとは思いますが。。こんなものを見ていると、持久走や50m走や倒立前転のテストはなんだったんだ、、と思えます。いい学校へ行くために体育の実技にも励む日本人学生に泣けてきます。。(この点については、同僚のドイツ人やイタリア人にもおかしいよと言われました。体育実技が高校進学に関わるって、スポーツ校へ行くわけでもないのに?と言われました。)

f:id:hikapoo:20170505025718j:plain

試験?Facebookでもなんでも使ってOK!

さて、今週は9, 10年生の統一試験。試験監督として参加しましたが、チャット等のコミュニケーション以外のネット接続は全てOK。ググろうがFacebookに繋ごうが、どうぞご自由に、です。

f:id:hikapoo:20170505040159j:plain

今日のデンマーク語のテスト開始早々にも、わからない単語はオンライン辞書で調べまくる生徒たち。これは、文章を読んでその意味に相応しい単語を選ぶという選択問題だったようです。それって、デンマーク語能力の試験じゃなくて、いかにパソコンをきちんと使いこなせるかじゃないの、、???!と思えます。

f:id:hikapoo:20170505040704j:plain

ちなみに3時間半の長丁場ではありますが、試験中は音楽を聴き、ブランケットにくるまりと、皆とってもリラックス状態。ちなみにこれは試験官の私たちも同様で、先生たちも生徒に微笑みかけたりお菓子を食べたり絵を描いたり新聞読んだりパソコンで仕事したり、、、、と、なんでもありでした。

 

ちなみに食事をしていいのは生徒も同様で、途中パンや果物、クッキー、人参といった食べ物も配りました。もちろん持ち込みも可能で、音を立てなければなんでもいいそうです。

f:id:hikapoo:20170505040332j:plain

試験会場は体育館に椅子と机を設置した特設会場でしたが、下の写真の彼女は家族写真に電飾に、、と、超アットホーム空間を作り上げていました。

f:id:hikapoo:20170505040336j:plain

試験とはどうあるべきか?知識は必要ないものか?

私が中学生の時のテストでは鉛筆消しゴムぐらいしか持ち込みできなかったと思いますが、そんな風に飲み食いできなくて好きなものに囲まれることもできず、気温にも自由に対応させてもらえないだなんて、人生ではテストか刑務所か病気かくらいなものでしょう。わからない時にパソコンやスマホに手が伸ばせない環境もそんなにないと思います。そう考えると、テストを嫌なものにしない、日常に近づける、現実世界をより良く生きていくための力を測る場とするーそういう意味でのインターネットを使った教育というデンマークでの試みは、大変興味深いです。

とはいえ、知識は何かを考えるときの基礎となり、とっさの会話にも必要とされるものだとも思います。暗記重視教育で育った日本人として、こうも正反対なものを見ると、正直賞賛だけでなく疑問もわんさか浮かびます…( ꒪⌓꒪)

夫、妻に乗せられるがまま、海外就職

私が「えーい!日本を出る!」と言ったところ、仕事落ち着いたら一緒に行く!との提案により結婚。その後、同居もままならぬまま日本に置いていかれた我が夫。半年前に、Facebookで夫の職探しのお願いをしましたが、おかげさまで先日転職先が決まりました。

しばらく先になりますが、年内には二人でイギリスに住む予定です。場所はロンドン、、ではなくブリストル。欧米人の友人からは「クールじゃん、いいとこだよ!」と軒並み好反応で、様々な活動家や団体が存在するようですが、一体何があるのやらです。

f:id:hikapoo:20170501004356j:plain

しかし、英語に不安のある夫の先日のTOEICは670点。今後の身を案じ、昨日から1ヶ月間フィリピンのスパルタ語学学校に行っています。。元々ドメスティックなパソコン将棋オタクだった彼は、これまでのところ私に振り回されるままにたくさんのことにチャレンジしてくれています。しかし、未知の世界に対し、ヒー!となってソワソワしてます。特にまず今後のフィリピン生活を心配中。

f:id:hikapoo:20170501004726j:plain

夫目線では、こんな感じの状況。
・業務多忙の中、海外就職向け転職活動&英語学習した
・のんびりしたい有給消化を、超スパルタ学校で1日10時間勉強
・心配性なのに、途上国で初めて1ヶ月過ごす
・怖がりなのに、ついでにダイビングの免許も一人で取らされる

 

でも、到着早々ダイビングのライセンスを週末に無事取得し、換金所でボラれかけたり様々あるようですが、英語もなんとか伝わっているようで、ほのかな自信を感じます。3月頃から仕事の合間を塗って毎日オンライン英会話のRarejobを予習も含め毎日こなしていただけあります!

f:id:hikapoo:20170501004657j:plain

1ヶ月後の夫の進化に期待しつつ、またひとつ物事が進んでいくなーと思っています。常日頃超努力家で、成長力がすごいです。「俺は、成長しかしない!」と真面目な顔で言ってくれますが、まさにその通り、有言実行の男です。応援し続けたら、いつかウルトラマンぐらいになる日が来るかもしれません。がんばれ〜

 

というわけで、私もこれに合わせ、6/2に帰国することにしました。半年ほど日本にいる予定です。この微妙な期間、何をしようかか考え中です。今の会社もとってもいい会社なのに、本当に退職して、さらにチャレンジしようとしている姿を見ていると、尊敬です。以前の夫は上司の方にもとてもよくしてもらっていたようで、結婚パーティにも来てもらったにも関わらず退職ということになってしまったので、私も頑張らないとです。面白そうなことがあれば教えてください!

Efterskoleでの授業と学校の仕組み

現在滞在しているデンマークの9年生、10年生(中3〜高校入学前)を対象としたの生徒のための私立学校、Eftereskoleですが、時間割は、1日に90分×4の授業(金曜は3つ)があり、2学年の生徒が同じ教室で学びます。ただし、国語・英語・ドイツ語・数学・物理はレベル別授業です。

f:id:hikapoo:20170501002859j:plain

10年生は通常教育を普通学校で終えているため、Efterskoleでの1年は9年生に比べ履修科目の自由度も高いです。例えば卒業後その科目が必要ないため、ドイツ語や物理を履修しない代わりに、Kursusfagという、自由科目のようなものに出席している10年生も多くいます。

10年生をEfterskoleで過ごす生徒たちは、当然Efterskoleに行かない同級生に比べ、高校進学が1年遅れることになりますが、特に誰もそれは気にしていない様子。Efterskoleに進学すると、寮生活や様々な授業を経て、人間関係に自信を持ち、自分のやりたいことがより明確になり、自分のことを人にうまく伝えられるようになり、心身ともに成長するようです。

f:id:hikapoo:20170501002827j:plain

特徴的なのが、火曜(TIRS)15:00~と水曜(ONS)13:00~の午後の授業で、この時間は全生徒が音楽や写真、バドミントン、フードラボ、女子活動?、男子活動?、探索?といった、自らの興味に合わせた授業に出席します。生徒たちは1年を通してこの1つのクラスに出席し、年度の途中でこのクラス単位で世界各地に3週間ほど出かけます。例えば探索?の授業だと、アフリカに出かけて現地生徒と一緒に授業を受けたり、フードラボではシチリアで料理について学んだりします。実地体験、のようなものでしょうか。

各授業毎に30分の休憩があり、食事は1日6回!楽しそうな授業が多いですが、寮生活であり、平日毎朝7時の散歩から18:00までは拘束されるため、トータルで学校で過ごす時間は長いです。

f:id:hikapoo:20170501002948j:plain

先日は写真の授業で豚牧場に行くよ!と言われ青空の下の可愛い豚たちを想像していたのですが、食育的要素を兼ねていて、生徒ばりに学んだ私でした...猫も人も入り放題だったのはびっくり。とはいえ、特に押し付けがましく「みんなの食べ物はどこから来てるのか学びなさい〜」といったような話はなく、淡々と豚の様子を見ながら写真を撮っていました。先生に聞くと、みんなこういう現実は理解してるからね、とのこと。もっと早い段階で食育教育がなされているのかもしれません。

f:id:hikapoo:20170501003150j:plain

こうした授業はこのEfterskoleのウリであり、写真を学びたい、アフリカに行きたいといった理由でこの学校を選択する生徒も多いです。他のEfterskoleでは、例えばスポーツや音楽に特化したりと、設備や授業、方針も様々。

f:id:hikapoo:20170501003045j:plain

私立なので費用がかかりますが、国の補助もあり、世帯年収による6段階のレンジに基づき、530万以下では65万、1440万以上では105万程度を支払います。これは一部費用を除く寮費・食費・授業料を含むので、かなり安いと言えるのではないでしょうか。それでも経済的に厳しい家庭には、特例的補助もあります。

 

このため、決して全生徒が行けるものではありませんが、Efterskoleはデンマーク国民にとって身近なものであり、またこの国の国民性や文化を形作るものの一つなのでしょう。

デンマークの全寮制学校、EfterskoleでのWorkaway

今、デンマークの「Efterskole」という、日本の中3〜高1にあたる15~17歳の生徒が通う全寮制の私立学校でお手伝いしています。この国の生徒の20〜30%が進学し、中3の1年間か、中学卒業後、高校入学前に通うそうです。

普通の授業もありますが、スポーツや写真、職業研修などもあり、各学校毎に重視するテーマがあります。今いる学校のテーマは、「多様性を認める」と「骨太な人間になる」というもののよう。

f:id:hikapoo:20170407012645j:plain

生徒は125名、教職員40名、大多数がデンマーク人で、授業はデンマーク語で行われます。

これは、先生絵のの写真。ここの学校では「Family System」というのを採用していて、2人の先生が8人ずつの生徒の担当になっていて、そのFamilyの中でお父さん、お母さんと呼ばれて、いつも同じテーブルで食事しています。また、各先生たちは寮も分担して担当しています。写真を撮ってもいいかと聞くと、先生は「いいけど…あの子たち、いつまで経っても髪描いてくんないんだから!恥ずかしい!」と言いつつも、とっても慕われているのが伝わってきました。

f:id:hikapoo:20170407013350j:plain

今は、私と同じような形でイタリア人、シンガポール人、ドイツ人、ブラジル人と一緒にWork Exchange滞在しています。ここでは食事と住居の代わりに、週2回午前中のキッチン補助は求められますが、それ以外は全くの自由。好きな授業に参加して指導したり一緒に勉強したり、授業後や週末に生徒と触れ合うことを期待されるものの、強制ではありません。

授業に参加したいときは先生に一声かけるだけで、大体の場合はいどうぞ〜と言ってくれます。

生徒の生活も同じく自由で、今は5月に進学に関係する国の統一試験を控えていますが、ハイキングに出かけたり、イベントを開催したりととても楽しそう。全くと言っていいほど知識重視ではなく、宿題タイムも毎日1時間だけありますが、それだけです。

こちらの写真は先日料理対決イベントで生徒たちが作ったもの。審査員をさせてもらいました。

f:id:hikapoo:20170407014236j:plain

知識偏重教育育ちの、お堅いイタリア人の同僚は「こんなのありえない!生徒がキッチン担当で1週間授業に出ない!?先生を名前で読んで、テーブルに足を投げ出して!ドイツ語は活用も覚えてないし授業も適当すぎる!!学びに知識なしで何ができるって言うんだ!!」と理解不能で常にぼやいています。

噂に違わぬ北欧教育、想像以上で日々びっくり。

f:id:hikapoo:20170407012740j:plain

かと思えばある日、先生から聞いたこと。

「この教育が緩いと思われることもわかってる。生徒に強制しないことも、授業で彼らが暗記をしないことも。でも例えば今囲んでいるこの焚き火は、本来ここでやるべきでないの。私は最初ダメと言ったけど、生徒たちはやりたいと言った。そこから芝生を傷つけるからとか、ここは本来炭が残っちゃいけないとか、そういう理由を説明したら、彼らは芝生に傷をつけない方法を考えて、終わったら片付けると約束した。だから許可したの。とっても時間がかかるけど、生徒と話をして、考えさせて、信用する。これが私たちの考える教育なの」と。

f:id:hikapoo:20170407013407j:plain

知識、マナー、忍耐、努力?北欧の教育は最近日本でも話題で私も興味があり、どう言うものか記事を読んだりしたこともありますが、実際目にすると、日本的教育を受けた私にはかなり極端に映ります。デンマークの普通教育よりもさらに先進的なものだと思います。それでも今見た限りでは、私たちとはまるで違う人間になりそうなほどの教育アプローチの違いと、それをやってのけるこの国の豊かさと寛容さ、そして覚悟のようなものを感じます。

考えるべき点が多々あり、これを観察するための自分の知識とものさしが全然足りない気がしています。理解を深めるためにも、また気づいた点や疑問点があれば教えてください。

プラハ生活総括

昨日、プラハから1日かけて移動して、デンマークにやってきました。1月からのまさに「行く」、「逃げる」、「去る」ような3月までの3ヶ月間の滞在も終わりました。プラハはなんだかんだ、街はとっても好きでした。この滞在でよかったことベスト3は下記の通りです。

①大家のエレナさんと犬猫との時間

プラハで映画の撮影に参加した

③いろんな形でアートに触れた

f:id:hikapoo:20170405182028j:plain

①大家のエレナさんと犬猫との時間

普段の家でのお茶や食事に外出等、たくさん一緒にいさせてもらいました。お姉さんのようで、話は尽きず、でもいい距離感もあり心地よく、また素敵な生き方に触れました。あと、猫好きの気持ちが抑えられなくなり、落ち着いたら絶対に猫を飼うという決意を新たにしました。

f:id:hikapoo:20170405221645j:plain

プラハで映画の撮影に参加した

アメリカ映画にて銀幕デビューを飾ることになりました。一部日本が舞台の映画ですが、日本人の超有名俳優さんもいて、ただの背景役エキストラなのに髪も衣装もかなり本格的でいい経験になりました。ただ、突っ込みどころ満載で、どんな映画になるのか楽しみです。

 

f:id:hikapoo:20170405221856j:plain

③いろんな形でアートに触れた

ざっくりで、しかも時間もかけた割にこれが3番目かと言われそうですが、印象ってのはどぎつい順に残ると思うので、良しとします。最近海外にいても新鮮味に欠けていたのですが、今回美大卒の方々と共に改めてヨーロッパを見て、また違ったおもしろさや素敵さを発見できました。 f:id:hikapoo:20170405182015j:plain

 

プラハが終わってその次は…

今はデンマークの田舎のHirtshalsというところにいます。日本で言うと網走くらいな感覚の町かもしれません。こちらの全寮制の学校で1〜2ヶ月お手伝いする予定ですが、とてもおもしろそうです。。同じ写真をFacebookに投稿したら、友人に「陸路ってチョイスがあなたらしいわ」、と言われました。飛行機も検討しましたが乗り継ぎがあるのとあまり安くなかったので、夜行バスと電車という相変わらずな感じの旅程でしたが、元気で何よりということで。。f:id:hikapoo:20170405221742j:plain

アトリエインターン振り返り

3月22日、でプラハでのインターンが終わりました。仕事の話は心情的に書きづらかったのですが、良くも悪くもいろいろありました。これまでアート業界とはほとんど接点がなかったのですが、今回2ヶ月ほどプラハでアーティストの方やインンターンの方などの話を聞いていく中で、いろいろ発見がありました。

f:id:hikapoo:20170405222912j:plain

1. スポンサーGET業務
アーティストに対し、企業スポンサーを依頼し契約締結する作業。2ヶ月半で、チェコの会社1社だけだったのを、日本の会社に依頼して、全部で6社になりました。インターン期間が終わるので後任に引き継ぎましたが、あとプラス3社、合意のところまでやってきました。

自分で言うのもなんですが、なかなかいい仕事したんじゃないかなーと思います。ただ、この結果についてはアーティスト実績と提案内容も理由でしょうが、他の人がやってないことをやる&ハードルが低いことは大事だということなんだろうなと思いました。中小企業からしたら、多少の資金的余裕はあってもCSRやPRまでなかなか頭が回らない中、このような提案をされたらまあやってみてもいいかなと思うのかもしれません。

大変でしたがいい経験になりました。

f:id:hikapoo:20170405224558j:plain

メーカー名は控えますが、私がいる間にとある有名メーカーさんから届いたテーブルいっぱいのスポンサー製品。ちょっと嬉しい気分になりますね。私も記念にひとついただきました。

 

2. 制作業務
最初は上記のPCカリカリ作業が多かったのですが、せっかくアトリエに来たし、というわけで制作もしていました。PC作業も制作も地味な作業の積み重ねですが、実際手を動かすのは楽しかったです。

f:id:hikapoo:20170405223154j:plain

3. 雑感
今回の滞在を通じて、好きなことをしながら生活を成り立たせる方法をまた学んだように思います。

まず、アーティストと言ってもお金がないのは日本でも海外でも同じではないかと思います。実際に、今私がいたところのアーティストの方も、とってもビンボーでした。それでも、ヨーロッパで活躍するアーティストなんてすごいんじゃないの?と思うかもしれませんが、芸術的才能も多少は必要ですが、続けて行くためにはそれ以上にいろんな工夫が必要なんだろうなと思います。決して綺麗事ばかりではないし、私が同じようにしたいかと言われればそうも言えませんが、その工夫を垣間見れたのが良かったです。

f:id:hikapoo:20170405233756j:plain

今回はプラハにいるにもかかわらず同僚も芸術家さんも全員日本人という環境だったのですが、日本人only集団でいるのは組織上ほんとによくないのかもと思ったりもしました。日本人って真面目でトラブルもできる限り避けようとする人種だと思いますが、やっぱり話し合いなどはうまくないからか、海外にいても日本でありがちなような問題が多々発生しました。UKからのチェコ暮らしだったので、物事の進め方や会話の中身がかなり違うなということを日々感じました。日本人が悪いというわけではないのですが。

あとは、今回自営業のような芸術家さんと働く中で、人の上に立つのは大変、と改めて思いました。と同時に、生意気にも自分の方がうまくできるんじゃないかとか、そんなことは恐れ多くて1人でいる方がいいのかなとか、そんなことを考えていました。私は父がわがままで世間知らずの自営業だったので、そうなるまいと会社に入って一応は世間常識に触れて来たと思いますが、年齢的なものなのか、性格なのか、そろそろマネジメントするような機会も欲しいなーという今日この頃です。