読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生米プロジェクト

会社退職→結婚→夫は日本に置いてイギリスでゲル生活→現在プラハ

旅行:安心できるAirbnbの宿の探し方(初心者向け)

今回の新婚旅行中、Airbnbを何回か利用しました。最近民泊ビジネス、としてニュースで取り上げられているので知っている方が多いと思います。でも、使ったことはありますか?私はこれまで各地で10回ほど利用してきました。

www.airbnb.jp

Airbnb初体験だった夫から、「宿のチョイスがなかなか良かった。どうやって見つけたの?探し方とかを書いてみたら?」と言われ、そういえば何基準で選んでるのかな?とはたと考えてみたら、結構いろいろポイントがあるなと気づいたので、「無難に泊まりたい人向け」にまとめてみたいと思います。

初心者がなるべく失敗しないためには

試してみたい!でも不安!という人は、下記のポイントをまずは重視してください。

実際の手順というよりは、他人の家に泊まるということに対し、どういう基準で探せばいいかに焦点を当てています。でもあくまでなるべくなので、「あいつのせいで失敗した!キー!!」となる人は、そもそも使わないほうがいいでしょう。

1.スーパーホストの物件に泊まる

Airbnbのホストの中には、スーパーホストという、ホストの中でも素晴らしいホストだという称号をもらっている人がいます。様々な条件を満たしている必要があり、ホストも受け入れに慣れており、対応も安心できるのでまず間違いはないかと思います。

f:id:hikapoo:20170120230645j:plain

スマホで見ると、顔写真のところにこのアイコンがついています。信じられないぐらい素敵な人と出会えることもあります。

2.予算をケチらない

私はこれまでアジアだと1泊150円とかいう宿も泊まったことがあるので、一般的な旅の予算よりは安めかもしれませんが、失敗を避けるなら、「民泊=安い」という点で探すと、汚かったり思わぬ不快感があるかもしれないのでやめましょう。普段ちゃんとしたホテルにしか泊まったことがないなら、人の家の細かな点が気になったりする人もいると思うので。

f:id:hikapoo:20170121000147j:plain  f:id:hikapoo:20170121000214j:plain

かと言ってバカ高いところに泊まる必要はなくて、「フィルター」から、その街の平均価格が見られますが、平均くらいを目安に探すといいと思います。これは選択日程によって金額が変わります。これだとパリで、9,720円ですね。ちなみに実際の金額にはAirbnb利用料(6~12%)と、ホストによっては清掃料金が加算されます。結構する。

3.なるべくキャンセル歴のない人にする

レビュー欄を見てみてください。たまにいます。これ結構重要だと思います。直前にやっぱり来ないで、なんて言われたら、焦ると思うので。

この写真だと、ホストは85日前に予約をキャンセルした、とAirbnbから自動で投稿されています。これは、やっぱり予定がありました、ごめんね、ということもあるだろうし、まだ時間もあるのでいいですが。

f:id:hikapoo:20170121004407j:plain  

次の写真だと、「ホストは前日にキャンセルしました」とあります。こういう人は何かと信用できないので、私は泊まりません。

f:id:hikapoo:20170121004403j:plain

他にもこのエリアは治安がよくないとか部屋の汚いとか、ホストが変だったとかいろいろ懸念点を書いてくれている人もいます。さらっとでいいので、レビューは確認した方がいいです。大体レビューの星4つを下回るようなところは、気になる点も多々ある物件ではないかと思います。

4.立地を考える

これはとある日程で、パリで30ドル以内で探したものです。パリの多くの観光名所は中心部にあります。欧米人のように、「パリに1週間いるの」なんて場合は中心部から離れたところに泊まってもいいかもしれませんが、たいていの日本人だと効率よく観光したいと思うと思うので、こういうところに泊まるのはオススメしません。

f:id:hikapoo:20170120234944p:plain

また、ホテルと違うのが、民家に泊まるということなので、駅からすごく遠いとか、ちょっと寂れたところにあるとかいうのもあるので、アクセスはよく確認してください。

5.備品・ハウスルールを確認する

人の家に泊まるので、それはそれは個性豊かです。ということで、え、あれないの?というものがなかったりします。ので、それもよく見ておいてくださいね。

例えば以前泊まった下記のこのお宅。ま、いいかと思ったのですが、着いて困ったのが、何かわかりますか?

f:id:hikapoo:20170121010233j:plain  f:id:hikapoo:20170121010237j:plain

PC版で見るとわかりやすいかもしれません。

f:id:hikapoo:20170121012009j:plainそうです、wifiがないのです!日本から借りてきてるから問題ないよ、という方には関係ないのですが、ドライヤーだったりタオルだったり、普通のホテルにはありそうなものがないこともたまにあります。

あとはチェックイン時間が指定されて面倒だったりとか。でも、逆に交渉すれば、早めにチェックイン・遅めにチェックアウトできるなんてこともあります。

よくも悪くも、「ホテルではない」を頭に入れて

数えてみたら、私はこれまで50カ国弱、なかなかマニアックな国にも行ってきました。旅先で誰かの家に泊まるーーこれほど楽しく、思い出になることはありません。時には思いもしないような出会いがあり、現地の人の家や集まりに招かれたことも何度もありました。どれも、とても素敵な思い出です。

ただ、ふらっと誘われてお邪魔するのは当然ながら危険もつきものであり、私も総合的に判断してお断りすることもありました。(マイルールがあります)

f:id:hikapoo:20170121013251j:plain

なので、民泊サービスのAirbnbを知ったときは、待ってました!という思いでした。ただ、Webサービスを介在させるとはいえ、Airbnbもやはり人と人との関わりで成り立っているものなので、「こんなハズでは」のないように、きちんと自分の頭で判断し、かつ一定のリスクを認識していれば、何にも代えがたい体験ができるのではないかと思います。

f:id:hikapoo:20170121014303j:plain

私も今でも連絡を取り合っている人もいますし、いろんな人の人生に触れながら、あーこんな生活ができたらなとか、こうやって暮らせばいいのかとか、たくさん学ぶところがあります。

f:id:hikapoo:20170121015042j:plain

そしてこんな風に、朝ごはんに猫がやってくるのも、ホテルでは経験できないこと。でももちろん、猫嫌い!という人は、ペットがいないかどうかも確認しておいてくださいね。(ペット欄の記載もあります)笑

 

閑話休題:年末年始、夫が新婚旅行に来てくれた

あけましておめでとうございます、とはもう言えないのですね。2016年12月17日にEmbercombe生活を終えた後は、数日ロンドンの友人宅にお世話になっていました。ちょっと変なタイトルですが、その後日本から夫を迎え、そのまま2週間ほどヨーロッパを現地集合・現地解散の新婚旅行をしていました。

ちなみに「新婚旅行 現地集合」でググるとほとんどヒットしませんでした。当たり前か。芸能人のキンタロー。さんもそうみたいなので、ないわけではないですが。

テーマ:ヨーロッパの大都市を巡る

今回は、①私と合流する、②今後の仕事、進学なども視野に入れ、今後の住みたい街候補を見て回る、③帰国便の発着…といった理由から、

ロンドン→アムステルダムアントワープ→パリ→ベルリン→ミラノというルートで旅しました。アントワープは特に定住候補ではなかったのですが、アムステルダムからパリの途中にあるからルーベンスの絵を見に行って見たかったし、中規模の街の感覚を得ておくのもいいかと思ったためです。

f:id:hikapoo:20170119081648j:plain

初めてヨーロッパを訪れたインドア&ドメスティックなエンジニア夫を観察して

3ヶ月ぶりに会う夫、初ヨーロッパの夫、忙しい中よく遠いところまで来てくれたなあと思います。お互い頑固なので、道中小さなケンカもありましたが、たくさんいろんな話ができたのでよかったです。

2週間、つまり半月も新婚旅行するって結構長いと思うのですが、一緒にいて面白い発見・変化がありました。

一人でご飯の注文をしてくれるようになった

ここで私が全部自分でやってしまっては、いつまでも自分でできなくなる!!と思って、私はなるべくノータッチで全部やってもらいました。元々飲み食い大好きな夫。一人で何やらつぶやいては、「俺、メニューの頼み方わかってきたぞ…」と言っていました。これでまた一人でも何処へでも美味しいものを食べに行けることでしょう。。 

f:id:hikapoo:20170119085440j:plain

モノの買い方、店員さんらとの会話法を会得した

今回は夫も忙しかったので、私がフライト・宿の予約や大まかな観光の下調べをしました。その代わりに、道中の食事や観光にかかる支払いはほとんど全部夫にしてもらいました。おかげで‘Can I (you)~?’や、‘I want to~.’といった英語の使い方がわかってきたそうです。好奇心がとても強い夫、自販機などを見つけては「使ってみたい!!」、ATMを見つけては、「キャッシングしてみたい!!」と次々試していました。

f:id:hikapoo:20170119095125j:plain

ヒゲを伸ばした

夫は超日本人ぽく、かつ童顔でナメられそうだと思ったので、海外あるあるですが、冗談半分でヒゲ伸ばしてみたら?と提案してみました。最初猛烈に抵抗を示されましたが、無理やり理由をつけてオススメしたら結局気に入ってくれたようです。なかなか似合うと思うのですが。

f:id:hikapoo:20170119084931j:plain

写真は夫ではなく、アムステルダムのおいしいオムライス屋さんのお兄さんです。夫にはこういう遊び心溢れるヒゲはまだ抵抗あるみたいです。 

怪しいヤツの避け方を覚えた

私が売り子だったとしても、真っ先に狙いたくなる、いい人オーラ満載の夫。案の定イタリアでは、黒人にミサンガを巻き付けられていました。(事なきを得ましたが)

街中にはちょっとやんちゃそうな少年集団やフラフラしたおっさんがいることもありましたが、「怖い顔して歩いとく」と、ここは注意しないといけない雰囲気を感じていたようです。怖い顔しなくてもいいと思うけど。 

f:id:hikapoo:20170119100222j:plain

観光や町歩きに際し、便利なスマホアプリ機能を存分に駆使していた 

おお、さすがIT業界人!と思ったのですが、wifiがなくてもサクサク観光できるよう、いろんな試行錯誤を重ね、Trip Advisorもオフラインで使えるようにダウンロードしたり、

www.compathy.net

Google Mapもオフラインで使えるようにしていました。

www.compathy.net

私はこれまで海外にはたくさん行っていたものの、こういうところには全然頭を働かせていなかったので、目からウロコ。迷ったらちょっと歩いて、困ったら誰かに聞けばええわ、で済ませていたので大違いだなと思いました。

各地の街中にあるアプリ広告の写真を撮っていた

職業柄でしょうか。各国で使われている、宣伝されているアプリやWEBサービスを見つけるたび、写真に収めていました。仕事でも趣味でもいいのですが、これが好き!これが知りたい!これを集めてる!というどこに行っても同じ、テーマのようなものが私にもあったらもっと楽しいだろうな、とうらやましく思います。

f:id:hikapoo:20170119095747j:plain

ちなみにこの写真のdeliverooと並んでubereatsなど、宅配料理系のサービスはいろんなところで盛んみたいです。街中でもよく宅配のお兄さんを見かけました。

あとは日本食の写真も撮りまくっていましたね。食への興味がありすぎる!!

 

夫は現地解散で帰国、私は次の街へ

今回3ヶ月ぶりに夫に会って、うれしいというのもありましたが、私たちの当初の計画も3分の1〜半分ほどが過ぎたんだなとしみじみしました。

やっぱり、結婚後妻が即海外逃亡、夫も退職して追いかける!だなんて、誰に言っても「うわぁ〜、ビッグプロジェクトだね」と言われます。いくら論理的に道筋が見えていたとしても、私たち自身にも未知であり、いろいろなハードルや脆さもあります。

途中道草・寄り道・経路変更はあるかもしれませんが、きちんと向き合って、ひとつひとつ進んでいたらこうありたいというところにたどり着けていた、というようであれたらいいなと思います。

そんなこんなで、10日ほど前に次の生活拠点のプラハにやってきました。またちょこちょこ書いていきます。

f:id:hikapoo:20170119084719j:plain

 

Embercombe: 下山 -To the Real World-

まだまだ、たくさん書きたいことがあるのですが、12月17日土曜日、ついにEmbercombeとコミュニティの人々に別れを告げてきました。日々、喜怒哀楽様々な感情と向き合っていました。たくさん学び、たくさんの気づきがあり、本当に来てよかったと、ただただ思います。

この年末は、ほとんどのボランティアがその滞在期間を終え、Embercombeを去ることとなり、Feast(お別れ会みたいなもの)の2週間ほど前から、終わりムードが漂い、みんなセンチメンタルになっていました。

写真は同期の8人のボランティアと。出発してしまうメンバーを送るために撮った、8人で最初で最後の写真です。(変顔とプライバシー考慮、名誉のため多少修正。)

f:id:hikapoo:20161221031725j:plain

Embercombeで学んだこと(備忘録。また増えるかも)

  • 薪の割り方
  • 暖炉に火をつけること
  • 70人分くらいの料理を作ること
  • いろいろなパンの焼き方
  • マヨネーズの作り方
  • チーズの作り方
  • 自分の感情の伝え方、向き合い方
  • 夢を見る方法
  • 定時内でしか仕事をしない方法
  • 人のことは気にしない方法
  • 自分の意見をみんなの前で気にせず言うこと
  • 人が足りなくても必要な仕事を無理せず終わらせる方法
  • 地元イギリス人と話す英語能力(たぶん少し上達した)
  • 下手でも楽しく歌うこと
  • 気まぐれを愛すること
  • 自分はなんだかんだ面白さがないと我慢できないこと
  • Collaborative Paintingの手法
  • Authentic Relatingの手法
  • Breath Workの手法
  • Burning Questionの手法
  • Skippingの方法
  • Squattingの方法
  • キノコの見分け方
  • タトゥーだらけの人でも気にせず話すこと
  • ボディタッチやハグに慣れること
  • How are you?と言って雑談をしてから本題に入ることに慣れること
  • 瞑想の方法
  • 木製スプーンの作り方
  • 冬の泥池に飛び込んでも大丈夫な方法
  • 月の光は暗い道を照らす力があるということ
  • 先のことは心配しすぎないで良いということ
  • 自分の決断や直感はきっとそうそう間違わないということ
  • 英詩の楽しみ方
  • 英語は美しいということ(とても知的で詩的なイギリス人がいて、ツールでしかなかった英語を初めて美しいものだと思った。)

下山後

久々のロンドン、久々のお肉と、なんだか変な感じです。お肉好きですが、今は食べるとちょっと胃が重く感じてしまいます。

特に上司がいて誰かや時間や課題に追われていたわけではないのですが、なんだかとっても疲れました。きっと、自分と向き合い、そういう人がたくさんいて、エネルギーがぶつかり合う環境にいて、心が忙しかったんじゃないかなあと思います。

Embercombeに行ったからといって、それにばかり依存して劇的変化を遂げたいわけではないし、かといって全く変化がなかったり、この経験を活かさぬまま下山したら元の日本人労働者な私に戻りたくもないし、わがままな気分です。ただ、確かに何かを得た実感はあるので、今はただ、こういう今の自分を楽しみたいです。

f:id:hikapoo:20161221025736j:plain

今はヒースロー空港のカフェでこれを書いています。もう少ししたら、夫と3ヶ月ぶりに再会です。現地集合&現地解散、途中友達の友達の家でカウチサーフィン、一部友達も一緒という形ですが、一応やっとこさ新婚旅行です。こんな形ですが、結婚後1年以内の旅行は全部新婚旅行でいいだろう、ということで、快く結婚早々イギリスのゲルなんてわけのわからないところに送り出してくれた夫には、感謝感謝感謝です。

年内はもう書かないかもしれません。皆様良いお年をお迎えください。

Embercombe: Volunteer from Feb 2017 wanted!

Volunteer application has just started! Apply now!!

Здравствуйте! Guten tag! Hello! As it seems that quite a few people access my blog from outside of Japan, although I write only in Japanese, I let you know about this information in English today. (They might be all Japanese living abroad, though.)

Embercombe is now recruiting for volunteeres to start in mid-February 2017 for 3-4 months. You can check the detail from here.

And there is also Embercombe Assistantships recruitment starting from mid-February for up to 1 year.

Closing date for applications: 10am on Tuesday 3rd January 2017.

Embercombe has given me such fantastic experiences and it's full of learning every day! I did not know anyone who has been to Embercombe and I had known little about it before I came here, but I just believed my sixth-sense and now I am here with incredible people. So if you are interested, do apply now!! 

f:id:hikapoo:20161211084328j:plain

Mystery about frequent visitors to this blog...

Actually, I don't really know why but those who are reading my blog are not in Japan. In fact, it is most accessed from RUSSIA (40%)! It's YOU!!! But it is not even by one big fan, but some people living in several different cities in Russia. I wonder why this kind of article fascinates people in Russia.

Although this blog is written in Japanese basically, only 20% of total visitors are from Japan. It terrifies me that KGB might watch me or people from the Church of the Last Testament might be researching about the community etc... Haha.

Anyway I enjoy this wierd situation a lot, but would be very happy if you could tell me why you read this... пожалуйста!

このブログのお得意アクセス元は、なんとあのお国…

実はこのブログは夫と母と弟と会社の元同僚の人1人ぐらいにしか知らせていないブログで、生存報告も兼ねてとてもとてもとーーってもひっそりと書いているのですが、それでも世の中物好きな方はいるもので、いろいろなところから多少アクセスをいただいています。

そして非常に奇妙なことに、全て日本語で書いているにも関わらず、最もアクセスされているのは日本から、ではなくなんとロシア。4割を超えます。日本からのアクセスはちょうど2割くらいです。全部日本人ということもあるかもしれませんが、多分翻訳して読んでいる異邦人もいると思います。Embercombeの人にこの話をしてみたのですが、もちろん特にロシアでの活動などないそう。

f:id:hikapoo:20161211095945j:plain

ロシアというのがちょっとなんとなく怖くなってしまって、もしかしてKGBにマークされてるんじゃないかとか、誇大妄想が頭を駆け巡りましたが、ロシアと言っても1人の熱心な読者だけというわけでもなく、いろいろな場所からアクセスされているということもあり、これが昨今の私の頭を悩ませる最大の謎であります。

弟には、コレの関係者じゃないかとビビらされました。↓

wired.jp

こちらが彼らのウェブサイト。Embercombeは彼らの参考にされているのでしょうか。とっても不思議でちょっと怖いのですが、夫には自分のツイッターで妻の様子を紹介したいと言われたのですが、このアクセス数ロシア1位状態を楽しみたいので、今後もひっそり書き続けてどうなるか観察しようということで今はまだひっそりしていようかなというところです。

英語で書きましたが、Embercombeのボランティア募集が始まりました。2月開始です。こんなイギリスでのゲル暮らしが気になる方、とにかくどこかへ逃亡したい方、是非ご応募ください。

Embercombe: シューマッハカレッジと比較してわかったこと

先週は以前にも書いた、シューマッハカレッジの「Becoming Indigenous」というコースの学生たちが、Embercombeの「Journey」というコースを受講するためにまたやって来ていました。3ヶ月の彼らのコースもあと残すところわずかのようで、このJourneyというプログラムは、そんな彼らが今後歩む道を探すための、総まとめのようなものです。

hikapoo.hatenablog.com

Embercombeとシューマッハカレッジは、自然との共生、パーマカルチャーというところで共通点があり、地理的に近いことからもよく交流があります。プログラムの受け入れはもちろんですが、同僚ボランティアの中にもここでボランティアしていたという人もいますし、Embercombeのボランティアをした後にシューマッハに行ったという人もいます。Embercombeに来る前に日本で日本でも有名になってきていますし、同期ボランティアのジョスも1月からシューマッハでボランティアをするから見に行くということで、私も一緒に行って来ました。

f:id:hikapoo:20161207044228j:plain

リッチに自然と学びを深めるシューマッハ

とても綺麗なところで、Embercombeのように自然と共生しながら生活し、かつ学ぶところなんだなと思いました。こじんまりとした学校で、大学院大学ということもあるかもしれませんが、とても静かな時間が流れ、学生層も高めだからか落ち着きがあるなという印象でした。もちろん若い人もいましたが、30代〜50代くらいの人で、本当にこれが勉強したい!と思って来ているんだろうなという人が多く見られました。

f:id:hikapoo:20161211044821j:plain

あとは、、やっぱり施設などを見ていると、Embercombeより断然お金があるなということです!!ご飯もベジタリアンで、校内で育てている野菜を使用してはいますが、たくさん買ってもいるなという感じ。おやつにはナッツとチョコチップのクッキーがあって、これは毎日らしい。ナッツとチョコチップだなんて、Emberbcombeではあり得ないことだ!ゴージャス。もちろん高い学費を払っているのであまりに粗末でも納得できないかと思うので、当然かもしれませんが、Embercombe人の私にはとってもうらやましく思えたのでした。。

f:id:hikapoo:20161211045617j:plain

エネルギーのぶつかり合うEmbercocmbe

そんなシューマッハカレッジを見た私たちでしたが、やっぱりというかなんというか、これは行く前からなんとなくわかっていたことですが、Embercombeとシューマッハ、似ているようなこの2つの団体ですが、私が求めているのはEmbercombeなのだなということがはっきりした見学でした。

シューマッハ大学院大学ということもあり、学問を学ぶという場所であるから当然ですが、やっぱりきちんとした場所です。一方でEmbercombeはというと、子どもがたくさん来るし、未完成で発展途上でカオスです。そしてこれが私の大事にしたいものなんだろうなと思います。これはまだ自分の年齢もあるかもしれませんが、もう少し自分は強いエネルギーがあるところに惹かれます。元々自然や農業というところが私の関心ではなかったので、これはそんなに驚くべきことでもないのですが、よりはっきりと自分の好きなことがわかったのがよかったです。

f:id:hikapoo:20161211051925j:plain

こういう話をEmbercombeにしたら、私も似たようなことを思った、と言われました。そしてその人曰く、シュタイナーの「精神(Spirit)、心(Soul)、体(Body)」という概念のうち、精神と心を重視しているのがシューマッハで、心と体を重視しているのがEmberombeだと思うわ、と言っていて、なるほどなと思いました。

またある人は、「Embercombeのいいところはそのアマチュアイズムだと思うんだよね。誰も専門家なんていなくて、すっごく何かに秀でた人もいるわけでもなくて、でもだからこそみんなが気軽に自由にいろんなことに取り組めて、自分もやってみようかな、って思ってやってみれる環境があることだと思う。」と言っていました。私もここへ来て、みんなほどではないかもしれませんが、いろんなことにチャレンジできました。下の写真はクワイアーですが、大学にいた頃はクワイアーって素敵女子だけのものな気がして、できませんでした。でもこちらではおっさんでもキーが外れていても、行きたい時だけでも全く構わなくて、みんなでただただ楽しく歌っています。

f:id:hikapoo:20161211071048j:plain

はてさて、Embercombeを訪れていたBecoming Indigenousの人たちのプログラムの話に戻りますが、今回の夕食は彼らのコンセプトに合わせ、ルーツを辿るを意識したメニューとなりました。1日目は旧石器時代、2日目は新石器時代、3日目はローマ帝国時代、4日目は植民地時代後、5日目は未来の食事…ということでした。

この取り組み、キッチン担当だった人が面白いからということで昨年のBecoming Indigenousの人がJourneyでやってきたときに思いついてやってみたらしいのですが、これが好評を博して今年もやってくれとリクエストされたそうです。こんな風に自分のアイデアが気楽に形になると、またいろんなことをやってみたくなる、そんな気持ちになるだろうなと思います。

f:id:hikapoo:20161211064332j:plain

今回のメニューどうしようかなあ、とキッチン担当の人がボヤいていました。そこで私は、「未来の食事はジョークと啓発を兼ねて、タブレットかグミのお菓子でもお皿に乗せて最初に出してみたら?」と言ってみたところこれが見事採用されました!

「100年後の未来、人類はすべての栄養素を含むピルの開発に成功しました。緑が健康野菜、赤がジューシービーフ、青がブルーベリーアイスクリームです。」とのメニュー説明から始まったディナーはなかなか好評でした。私もまたひとつ、アイデアを考えてやってみるって楽しい!という経験をさせてもらいました。

すごいオーガニック料理の専門家がいるわけではないけれど、こういうところがEmbercombeの魅力であり、こういうことの積み重ねが「人を育てる」なのだろうなと思いました。

 

Embercombe: 同期ボランティア紹介

 9月末から始まったEmbercombeでのボランティアですが、同時期に3ヶ月のプログラムを始めた他7人のボランティアがいます。ここへ来て2ヶ月しか経っていませんが、毎日のように顔をあわせる彼らとは日々いろんなものを共有しています。

f:id:hikapoo:20161129072152j:plain

8人の同期たち

  • シオ:46歳、男。元ナース。家族の崩壊などもあったりしてか、あまりコミュニケーションはうまくない。なんと言ったらいいか、鬱というか優しく不器用な男。皿洗いをさせたら誰も止められない。
  • ケイト:ゲルメイト。個人的には1番好き。バーで歌っていたり、アメリカやカナダで働いていた。明るく優しいお姉ちゃん。35歳だけども、小柄でいつも賑やかだからか欧米人にしては珍しく若く見える。
  • ケリー:マイペース。後日書くかもしれないけれど、このマイペースさのためにバトルに発展した(現在停戦中)。自称フォトグラファーだが、活動状況については不明。7月にEmbercombeでボランティアを始めた彼氏のベンのところにやってくる形でボランティアに参加。そのためゲルではなくベンとともにキャンピングカーに住んでいる。31歳、女。
  • ディッテ:デンマーク人、30歳、女。ソーシャルワーカーの勉強をしたけれど、なんか違うな、と思ってここへ来た。自分の感情にとても正直で、喜怒哀楽がとても激しい。Embercombeに来る前に彼氏ができ、当初とても不安定で、それこそとんでもない子だったが、最近は落ち着いている。 
  • ルイ:8年間の兵役中は、イラクへの2回の派兵経験あり。アフガニスタンへ行くことになりそうになった時に除隊を申し出。退役後、精神的に不安定になり、アルコール&ドラッグ中毒になってしまった模様。現在は中毒症状などからは脱しているが、今もPTSDと思われる症状に苦しんでいる。タトゥーだらけのいかついヤツだけれど、ここへ来る前は子供達向けのボランティア活動に従事していたりと、基本的には明るく楽しい男。もうすぐ8歳になる息子がいる。ケイトのことが好きだが、やんわり断られている。(私はどちらとも親しく、どちらの話も聞いていて、私は2人とも大好きだが、ルイにはなんとも言えない。)29歳、男。

f:id:hikapoo:20161130055212j:plain

  • ジョス:29歳、男。ネイティブアメリカン文化に傾倒していて、思った以上に入れ込んでいる。明るかったり自分の世界に入っていったり、壁を感じることが多かった。Embercombeにかける情熱もものすごく高く、Embercombeでの3ヶ月プログラム終了後、滞在延長させてもらうために自分をアピールすべく、時間外でワークショップを開催したりと、ギラギラしていた。しかし、2名の延長枠に対し彼含む3名が応募。結局ルイとシオにその座を奪われてしまった(正直二人とも心身に問題を抱えていたので、この決定にはみんな少し驚いた)。彼がえらいのはここからで、それでも変わらずみんなに時間外、むしろ以前より人当たりがよくなった。
  • キロラン:23歳、女。文学部を卒業して、ちょっとゆっくりするためにここに来た。本を読んだり草木でツリーを作ったり、絵本の中から出て来たのかと思うような可憐さを持ち合わせつつも、「高校の頃はヌードにハマってて、授業でやって見せたのよ!」などという肝の据わったロンドンっ子。同期の中では1番若いけれどもたぶん1番落ち着いている。というより少し皮肉っぽい。こちらへ来た当初は嫌でしょうがなかったのだと思うが、最近は笑顔も多くなった。
  • わたし:日本人。日本の会社に勤めていたけれど、いろいろ目的はあるらしいが、つまるところ日本を出たくなり、ネットで見つけたEmbercombeに行こうとイギリスまでいきなり飛んで来た。下手くそな英語ながらもなんとか頑張っている。日本に夫を置いて来たらしいが、夫婦共々どうなっているのだとみんなからの疑問を買っている。28歳、女。

普段の様子

今のゲルで一緒なのはケイト、ディッテ、キロランです。ディッテは10時半にはたいていベッドに入ってしまい、さらに寝るときは寒いぐらいの方がいいということで、夜型のケイトと私(といってもみんなほぼ12時前には寝る)と生活時間が合わず、さらに彼女が寝静まろうかという時に薪ストーブに火をつけようものなら不機嫌な寝返りの声が聞かれます。

彼女としては、10時頃には火を止めて、寝床につきたいぐらいなのだそうで、これについて彼女から目をむくような勢いで「25度なんかになったら、私苦しくて死ぬの!寒かったらたくさん着ればいいけど、暑くて死にそうなのはどうにもならないでしょ!」と訴えられましたが(体格もいいので迫力もある)、私たち3人としても何が楽しくて零度を下回ろうかというゲルで寒さに震えながら寝られようか、というところなので、これについては「でも寝付けないし、あなたは先に寝るからいいけど、、」と勇気を振り絞って弁明しました。25度で人は死なないよ、とはとても言えなかったけれど。

ということもあり、ディッテは隙あらば一人で寝られる場所を探し回るようになったり、各自訪問者があったりと、最近はあまり4人揃いません。このところディッテはプライベートも落ち着いて来ているからか、薪ストーブで失敗して激暑にならなければ4人とも気持ちよく寝られるようになりました。

f:id:hikapoo:20161130055435j:plain

私が普段よく話すのはケイト、ルイ、シオです。ジョスも気が合ってよく話していたのですが、途中から宗教がかっていたり、周囲への強い自己アピールなど、極端なところがしんどいなと思うようになってしまいました。ただ、延長ボランティアの話がうまくいかなくなってから、彼も少し穏やかになったような気がしています。本来はモチベーションが高く真面目な才能溢れる人だと思います。

休みの日は10kmほど離れたExeterの街に誰かの車に乗せてもらって買い物に行ったり、この秋はDartmoorという自然公園にたくさんキノコ狩りに出かけました。日本と違ってあまり山地はなく、だだっ広い草原に放牧された家畜がたくさんいる、というのがこちらの景色です。

f:id:hikapoo:20161130060337j:plain

他にも以前から滞在している先輩ボランティアや有給スタッフもいますが、同時期に始めたこの8人とは特に笑いあり涙あり、喜怒哀楽忙しい毎日です。会社員になってから、大学のときみたいに友達ってなかなかできないなあ、という話をしたことがあるのですが、そのとき言われたのが「それはきっと、一緒に何かをするような、同じ濃い時間を過ごさないと手に入らないよ」と言われたのを覚えていますが、久々にまたこの先も友達でいられるような人が増えたことがうれしいです。

実はこの記事はここへ来て2週間ほど経った頃に書き始めてそのまま下書き状態にしていたのでした。今それを開いてみると、当時は「ちょっと掴めない」なんて書いていたのですが、この2ヶ月でみんなのこともよくわかるようになったなとも思いました。一方で、短期間で得た印象もそのままだったりと、それはそれでその人を知る上でもまた面白いものです。

http://embercombe.org/

Embercombe: 正しくわるいことをする ー廃棄食材を求めてー

今週、日付も変わろうかという頃、スーパーに潜入し、盗みを働いてきました。この年になって、こんなことするなんて、思ってもみなかった。。

 

事の発端は先週Embercombe外で行われた、同僚ボランティアの誕生日祝いのホームパーティ。バンに乗り込んだ私たちは、とあるサービスエリアに駐車しました。ここで私が言われたのは、「トイレには行ってもいいけどお昼は買わなくていいよ。あるから」でした。え?と思ってしばらく待っていると、大きな袋をサンタのように抱えた二人。開けてみると、二袋まるまる、賞味期限切れの食べ物たち。

これどうしたの?と今日の収穫をしてきたアダムに聞いてみると、「廃棄食材用のゴミ箱から拾ってきた。ここのエリアのには詳しいから」とあっけらかんとした答え。

サンドイッチやパックのエビ、野菜にお菓子など、それはそれはたくさんの食べ物を手に入れた私たちは嬉々として食べました。私はゴミ箱からとってきた!?ということに一瞬ギョッとしましたが、食べていると不思議と感じたのは爽快感。ちょっと悪いことしてるけど、捨てられてしまったお肉や野菜を無駄にしてない!!という。結局パーティでもこのゴミ達が大活躍し、みんなで美味しくいただきました。

ゴミを盗んでも、違法にはならない

聞けば、一緒にいたフランス人形のようなかわいい女の子も、「私がロンドンに住んでたときもほとんど食べ物は買わなかったよ。いつもスーパーのゴミ箱から拾って食べてた。だってもったいないもの。普段はベジタリアンだけど、捨てられたお肉は食べるの。これは私が食べないといけない、という気がして」と。Embercombeには他にも何人かやったことがある人がいて、一般的ではないものの超特殊ということもない様子。(※ただし、Embercombeの人は多分一般的なイギリス人ではない)

 

そうか、これはカルチャーなのか、そうなんだな!と思った私は今アダムに色々と聞いてみました。 

彼曰く、「普段は肉は買わない。高いし、バカみたいな生産〜流通形態にお金を落としたくないから。大学にいた頃に始めて、当時は毎日のようにやってたよ。法律?曖昧なところで、違法にはならない。訴えた人もいるらしいけど、結局ゴミをとられても文句は言えない、って判決が出た。結局これやって誰も逮捕された人なんかいないんだ。人の所有地に入るのは良くないけど、出ていけって言われて出て行けばそれも違法にならない」とのこと。

おおお!と感動した私。今でもたまにやるの?次やるときは是非連れてって!とお願いし、それが冒頭の通り実現しました。

家族よ!すまぬ!こんなことしてる娘を妻を許して〜!と思いつつ、そろそろと夜の街へ。終業時間後のスーパーの屋外にある、大きなゴミ箱。まだきれいな野菜や食べ物などを見ていると少し悲しくなりました。アダム曰く、今日はあまりたくさんとは言えない収穫量だったようですが、それでもリュックにたくさん詰め込むくらいありました。

f:id:hikapoo:20161127024913j:plain

暗闇の中、呼び止められる私たち

少しの高揚感を覚えつつ車に向かっていたところ、「おい!」と言われ、心拍数急上昇!そこに現れたのは警察…!ではなく男女二人組。

男「おい、さっきお前らがスーパーに入ってくの見たぞ。でもあんまりなかったろ?今日は俺たちがちょうどお前らの前に行ったからな。でもちょっと取りすぎたのもあるんだ、よかったら交換しないか?」

うわ。。なんて偶然。。でもやっぱり普通にこちらの一部の人のカルチャーみたいです。この二人も、よほどほしいものがない限り食材は買ったりしないそう。このエリアにいくつか行きつけがあって、たまに出没しているということでした。この行為、'Skipping'と言い、こういう生活をしている人はこの国には一定数いるようですが、別に彼らは貧乏でお金がないからこれをしているわけではありません。

やってみて、違法ではないと言いつつも、自らのイデオロギーや怒りをこうも強く持ち、それに対するアクションを貫く彼らのエネルギーは、日本人の私にはなかなか真似できないことだなと感じます。なぜこうなるのか、ここまでするのか、それは今の私にはわかりませんが、ひとつ思うのは、やっぱり圧倒的に彼らは日本人に比べてヒマなんじゃないかということです。ヒマというと失礼すぎるけれど、すべてに余裕があるような。

 

結局アダムと男は情報交換(&電話番号交換。今後いいものがあったら連絡し合うことになったらしい)し、私たちは興奮冷めやらぬうちにEmbercombeに戻りました。

f:id:hikapoo:20161127030436j:plain

各国ではどのように捉えられているか

デンマークには賞味期限切れや傷物食材を専門販売するスーパー「We Food」があったり、フランスでは食材廃棄を禁ずる法律ができ、寄付や家畜肥料にしなければいけないということになっているようです。これに比べればイギリスは遅れているかもしれませんが、人々の意識という意味では日本よりも関心が高いのではないかと思います。

日本の場合はというと、上記のリンクにもあるように草の根レベルの活動はあるようですが、まだまだみたいです。年間1900万トンもの食材が捨てられ、私もこれを機に日本ではどうなっているのかと気になって調べてみたしたが、ホームレスに漁られないようにと踏み潰して捨てたりしているみたいです。

浮浪者がお店の周りにやってきたらあまりいい気分はしないだろうなというのはわかりますが、もし自分が店員だったら、そうやって食べ物を踏み潰していくうちに、それがどこから来ているのかにますます頭を働かせることができなくなるような、命をいただいている感覚などますます希薄になる気がするなどと、ゴミの朝食を久々のお肉だ!と味わいながら考える私でした。