読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生米プロジェクト

会社退職→結婚→夫は日本に置いてイギリスでゲル生活→現在プラハ

寒空の下で全裸スイミング

タイトルの通り。

こちらに来て2週間ほどして、少しこちらでの文化やヨーロピアンらとのどっぷり共同生活にストレスも感じていて、あれやこれやとオットに文句を垂れていたときのこと。

 

私「こっちの人、気温10度くらいでEmbercombeの中にある湖(泥池)で泳いでるの、しかも全裸、どう思う!?ちょっとありえんよね。」

そうだね、ありえないありえない、人種が違うからだよ、という日本生まれ日本育ちの夫の言葉を期待していた私…

 

夫「うーん、でも、自然の中でいるっていうのはそういうもんなんじゃないかな。1回やってみたらみんなの気持ちもわかるかもよ」

f:id:hikapoo:20170501223730j:plain 

 

え?

 

オット!優しく慰めてくれるんじゃないのか、そこ!

 

うーん、でももしかしたらそういうもんなんじゃないかなあと思うしなあ。。夫にそう言われた手前、やらないのは愚かなことなのかもしれないし、こういう時間をもらっている分、いろいろチャレンジしてみないのはバカなのかもなあ。ていうかでも絶対寒いし。

ということで、くすぶりが続いていました。

f:id:hikapoo:20170501223649j:plain

でも、

昨日は早朝に目覚め、超気分がよかったので、、湖まで走り、、服を脱ぎ、、

やっぱり空気は冷たく、水に入るまでにオット!なぜ止めなかった!なぜ止めなかった!!と激しく思いましたが、ジャッバーンと頑張ってきました。

 

年中毎日湖で泳ぐという達人女性のアドバイスにより、初心者は短時間(30秒くらい)で上がるのがよい、と言われたため、30秒×3回をこの日はやってみました。寒い…でも水から上がったらそこまで悪くない、目が覚める、そして達成感、ということで、思ったほど悪くはなかったです。全裸なのは温泉みたいなもんかなというくらいです。逆に水着着るとかえって寒いらしいし。

 

ありがとう、オット。なかなかやるではないか。

広告を非表示にする